読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じじのゲーム日記(主に洋ゲーとTRPGについて)

洋ゲー好きです。今までXbox360とPS3でプレイしていましたが、ようやくゲーム用PCを購入してPCゲームデビューしました。あーんなことやこーんなことができるMOD楽しい。TRPGも好きでルールブックは買いますが、ここ10年ほどは遊んでいません。

【ESO】このシロディールの片隅に

ESOで多い種族はなんでしょうかね?

ダークエルフが多いように感じますけど気のせいですかね。よくいる町がモーンホールドのせいでしょうか。

自分が最初に作ったキャラは、帝国人でした。  

帝国人って古代ローマ人だろうから、キャラメイクするときにそれっぽく作ってみました。古代ローマ人を見たことないけど。

f:id:naruse_hitomi:20170306212514j:plain

肌の色を健康そうな褐色にしたつもりが、いざゲームに入ってみると土色になってました。むう・・・なんか大量飲酒してて肝臓悪そうな肌色。

 

最近、休みの日の昼間にインできたら友達誘って帝都に行っています。ギルメン誘って大人数で行けばいいんだけど声をかけられない小心者なんで。(/_;)

帝都に行くのはPvPやりたいとかポイントを稼ぎたいんじゃなくて、なんかかくれんぼを楽しむようなドキドキ感を味わいたいって感じです。敵PCいるから隠れてやりすごそー、とか、見つからなかったーラッキー♪、ってこそこそと逃げてモンスターを倒したりスカイシャードを集めたりしてます。

この前は帝都が青いから大丈夫だろう、とミニドルメンやってもうすぐ終わるっていう時に5人ぐらいの赤にボコボコにされて宝箱取られました。;;

f:id:naruse_hitomi:20170306212916j:plain

 自分の陣地でも安心しちゃだめなのね。(/_;)

 

んで、金土の夜はシロディールに行っています。

一人だとポイント稼げないけど集団に入れば稼げるし、なんといっても大勢で何か目標に向かって一致団結するのって楽しい。

でもうっかりグループを見失うと、にっちもさっちもいかなくなる。;;

なんで見失うかというと、飲み物飲んだりトイレ行ったりしている間に、グループが移動してしまってはぐれるんですよ。

地図で位置把握できるからいいやー、と思ってるとこうなる。

f:id:naruse_hitomi:20170307000139j:plain

敵の大群の向こうに仲間がいるんだけど、崖に阻まれてどうしようもない。

ひっそりと岩陰に隠れ続けるわたし。

みんながんばってるがんばってるー。

でもいい加減にしないと働いていないのがわかるしー。(´▽`)

突っ込んでってデスルーラするかなー、と岩陰に隠れながらじっと様子をうかがっていると、賞金ミッションのソーサラー殺害実績がどんどん貯まる。

やったね!

f:id:naruse_hitomi:20170307000755j:plain

自分一人も殺していないのにミッション達成!〵(^∇^)ノわーい

攻撃力がカスカスでただ単にHPばかのタンクに敵PC殺せるわけないだろー。遠距離攻撃武器持ってくるの忘れたから、攻城戦だと城壁のそばに立ってぴょんぴょん跳ねてるしかないんだわー。スキルは防御重視だから遠距離攻撃はできないし、せいぜいみんなの的代わりになるため目立つようジャンプするんだよー。おまけに太陽の盾のダメージ反射に期待してたけど、反射できるのは近接攻撃で遠距離攻撃はできんわー。

でもちゃんと働いてますよ。戦力になってるかはわからないけど。

f:id:naruse_hitomi:20170307002721j:plain

 だってこんな大群どないせいっちゅうねん。こんなに大勢いると画面もよく見えないし、PC固まったら嫌だねー。

なんだかんだで集団戦闘に巻き込まれてしょぼい回復ばらまいてやってると、お友達が死んでしまった。あわてて駆け寄って復活させようとしたけど、本人は、ちょうどよいからトイレ行ってくるわー、って席外した。

あほー。(>_<)

f:id:naruse_hitomi:20170306235722j:plain

何のために必死で駆け寄ったか。でもここで生き返ってもまた死ぬだけだし、魂石もったいないだけだね!

死にそうー。不動スキルほんとに効いているのかな・・・。

f:id:naruse_hitomi:20170307004037j:plain

死んだー。んで生き返って再び戦場へ。

f:id:naruse_hitomi:20170307003528j:plain

ポイント稼ぎに55!

 また死んだ。

f:id:naruse_hitomi:20170307002545j:plain

戦って死んで生き返って、また戦って死んで生き返って。

ここはまるで地獄のようです。